紹介図書:11冊目~20冊目

はじめに

本記事は僕が執筆したnoteコンテンツ「ベストビジネス書84冊(10万円相当額・読書時間1.5年)のエキスを抽出したドーピング剤であなたのビジネススキルを15%アップする方法」のサブテキストである。

 

◎僕のnoteはこちらから

20代の若手ビジネスマンに読んでもらいたいコンテンツに仕上げました。

note.mu

 

このnoteで紹介した書籍のラインナップ記事となっています。

 

11冊目:マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣

情報商材起業家。怪しい。でも、その実像はメディアでは語られることがない。本書は情報起業家への真面目なインタビュー本として大いなる価値がある。

 

彼らの商品は怪しい「情報商材」だが、そのマーケティング手法は王道で勉強になるものだ。

マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣(特別公開版)

 

12冊目:紀州ドンファン

女性と◎◎◎◎することだけを生き甲斐にする男。恋愛本&モテ本として読むべき本だが、彼の若い時のビジネスのエピソードも面白いのだ。

著者は若い時に「コンドームの訪問販売」をして財をなした。当時だってコンドームの訪問販売なんて、そんな簡単に売れるものじゃない。でも彼はコンドームを売りまくった。その脅威の訪問販売テクニックとは・・・・。

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)

 

13冊目:サラリーマン合気道

イケイケで派手なクリエイター。でも実はそこには理由があった。自分を広告すること。自分のキャラクターをプロデュースすること。一流クリエイターの矜持。

「個人の時代」だからこそ、そのセルフプロデュースを考えさせてくれる一冊。

サラリーマン合気道 (幻冬舎文庫)

サラリーマン合気道 (幻冬舎文庫)

サラリーマン合気道 (幻冬舎文庫)

 

 

14冊目:はじめての編集/菅付雅信

これからの時代は「自分が作品」になる時代だ。自分を編集する時代だ。編集スキルは全てのビジネスマンに必須の能力なのだ。

はじめての編集 [単行本]

はじめての編集 [単行本]

はじめての編集 [単行本]

 

 

15冊目:広告コピーってこう書くんだ!読本/谷山 雅計

この本は「逆にコピーライター以外の人」に読んでもらいたい本。モノを売るための考え方を教えてくれるだろう。そしてブロガーにもオススメしたい一冊だ。

広告コピーってこう書くんだ!読本

広告コピーってこう書くんだ!読本

広告コピーってこう書くんだ!読本

 

 

(スポンサーリンク)

 

 16冊目:プロフェッショナルリーダーの教科書

ビジネスで一番の資産は「顧客リスト」。最新のITソリューションなんかじゃない。売上を上げるためのシンプルな法則について語られた作品だ。

プロフェッショナルリーダーの教科書

プロフェッショナルリーダーの教科書

プロフェッショナルリーダーの教科書

 

 

17冊目:つなげる広告/京井良彦

グーグルがなぜ世界一の広告会社なのか。その理由が分かる一冊。いわゆる「広告本」だが、広告業界関係者じゃない一般のビジネスマンが読んでも参考になる一冊だ。

つなげる広告 共感、ソーシャル、ゲームで築く顧客との新しい関係性 (アスキー新書)

 

18冊目:次世代コミュニケーションプランニング/高広伯彦

次世代コミュニケーションプランニング

次世代コミュニケーションプランニング

次世代コミュニケーションプランニング

 

 

19冊目:なぜ投資のプロはサルに負けるのか/藤沢数希

株式投資に興味がある人が最初に読むべき本。効率的市場仮説。この思想を知っておけば、詐欺にもあわない。投資で騙されることもないだろう。

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

 

20冊目:お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方/橘玲

僕が一番好きなビジネス作家の橘玲氏の代表作。3回以上は読んでください!!世の中の隠れた「歪み」を発見し、ハックせよ!!!

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

 

(スポンサーリンク)