紹介図書:21冊目~30冊目

はじめに

本記事は僕が執筆したnoteコンテンツ「ベストビジネス書84冊(10万円相当額・読書時間1.5年)のエキスを抽出したドーピング剤であなたのビジネススキルを15%アップする方法」のサブテキストである。

 

◎僕のnoteはこちらから

若手ビジネスマンを対象にビジネス書の良書を僕が選んで紹介しているコンテンツです。

note.mu

 

このnoteで紹介した書籍のラインナップ記事となっています。

 

21冊目:動員の革命 ソーシャルメディアは何を変えたのか/津田大介

津田さんはソーシャルメディアの申し子だ。その津田さんが言う。「ソーシャルメディアだけじゃ駄目なんだ!」と。ソーシャルメディアで現実を変えるための処方箋とは???

動員の革命 ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)

 

 22冊目:ロングエンゲージメント/京井良彦

グーグルは世界最大の広告会社だ。でもこの広告は「通常の広告」の常識とは一線を画すものだった。グーグル広告の革新性とは・・・。

ロングエンゲージメント なぜあの人は同じ会社のものばかり買い続けるのか(あさ出版電子書籍)

 

23冊目:メディア・メイカーズ/田端信太郎

メディアが成立するための基本要件を分かりやすく説明してくれている一冊。「業界」が成立することが、メディア成立の要件という田端さんの意見は慧眼だ。

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

 

 

24冊目:キュレーションの時代/佐々木 俊尚

時代を先取りした一冊。佐々木さんの予言通り、時代はキュレーションになった。でもキュレーションサイトには様々な問題がある。ウェルク問題の先には何があるのか。WEBコンテンツの未来は・・・。

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

 

 

25冊目:ウェブは資本主義を超える

グーグルが成功した理由を「運が良かったから!」と喝破した一冊。

ウェブは資本主義を超える

ウェブは資本主義を超える

ウェブは資本主義を超える

 

 

(スポンサーリンク)

 

 26冊目:臆病者のための株入門

お金持ちになる方法は原理的にはシンプルだ。ダイエット方法が原理的にはシンプルなように。お金について語らせたら橘玲氏を超える人はなかなかいないだろう。

「ジョイコム男」の真実をこれほど的確に分析した人物がいただろうか?

臆病者のための億万長者入門

臆病者のための億万長者入門

臆病者のための億万長者入門

 

 

27冊目:頭のいい人が儲からない理由/坂本圭一

頭が良い人は、すぐに見切りをつけてしまう。だから継続できない。継続こそが成功にとって最も大事なことなのに・・・。その目安はマルコム・グラッドウェルの提唱している「1万時間」。不可能な数字じゃない。愚直に継続していけば到達する数字だ。

さあ、愚直に継続していこう。

頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ)

頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ)

頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ)

 

 

28冊目:伝説の社員になれ/土井英司

伝説の社員になるのに、学歴も資格も必要ない。そこに必要なものとは・・・。

文庫 「伝説の社員」になれ! (草思社文庫)

文庫 「伝説の社員」になれ! (草思社文庫)

文庫 「伝説の社員」になれ! (草思社文庫)

 

 

29冊目:悪いヤツほど出世する

都合の悪い真実。学校で教えてくれない真実。リーダーは聖人君子なんかじゃない。むしろその逆なのだ。そして僕はそんな悪いヤツに魅了されてしまうんだ・・・。

スティーブ・ジョブズカルロス・ゴーンもウェルチも変人でパラノイアな変人なのだ。変人だからこそ成功したのだ。

悪いヤツほど出世する

悪いヤツほど出世する

悪いヤツほど出世する

 

 

30冊目:「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト

凡事徹底。日常の些細な事にココロを尽くすこと。そんな平凡な時間をどう過ごすかが運命を分けるのだ。

「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト 稼ぎ力養成講座Episode1

「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト 稼ぎ力養成講座Episode1

「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト 稼ぎ力養成講座Episode1

 

 

(スポンサーリンク)